ウィンマジック、BitLocker 管理ソリューション BitMana を発売

テレワークを安全に実現する万全なデータセキュリティ対策

2020 年 4 月 14 日(火)東京発―ディスク暗号化ソフトウェアの先進企業、WinMagic Corp. の日本法人であるウィンマジック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:石山 勉、以下ウィンマジック)は、新たに設計したテレワークを推進するシンプルで安全な BitLocker 管理ソリューション BitMana を 4 月下旬より発売する予定です。

BitMana は Windows 10 にビルトインされている暗号化機能 BitLocker を補完および管理するソフトウェアです。シンプルなクライアントソフトウェアをインストールすることで BitLocker の管理を簡素化するとともにセキュリティ機能を強化します。BitMana は、導入と管理の両方が簡単で、費用対効果に優れたソリューションです。

BitMana の主な特長:

  1. BitLocker の認証ポリシーを管理し、認証を強制したりデバイスをロックしたりします。
    -あらかじめ設定された日数(時間)以内にサーバと通信しなかった場合、盗難、紛失とみなしデバイスをロックさせることができます。ロックを解除するには、BitLocker 回復キーもしくは USB スタートアップキーが必要となります。
    -TPM 認証のみで Windows を起動した際に Windows ログオンであらかじめ設定された回数パスワードを間違えるとデバイスをロックさせることができます。
  2. BitLocker の不正解除を禁止します。
    -復号化されたことを検知し、自動で暗号化を再開します。
    -コマンドラインでの復号化を禁止することができます。
  3. シングルサインオンが可能です。
    -シングルユーザのデバイスでは、PIN 認証後にログオンする Windows ユーザを学習し、シングルサインオンすることが可能です。TPM 認証のみで、そのまま Windows を起動する方法に比べ、セキュリティを高めることができます。
  4. コンプライアンスを維持し、遵守していることを簡単に証明できます。
    -暗号化されたすべてのデバイスのステータスを管理コンソールで確認でき、必要な場合には、コンプライアンスを遵守していることをすばやく証明できます。
  5. BitLocker の回復キーを集中管理します。
    -すべてのデバイスの回復キーを一括管理します。

WinMagic SecureDoc シリーズは、ユニークな暗号鍵管理ソリューションです。エンドポイントから IoT、サーバ、クラウドの暗号鍵および暗号化に関するありとあらゆる設定や状態を洗練されたコンソールから一元管理、監視します。ウィンマジックは 20 年以上にわたるグローバルな暗号化技術のリーダー企業としての専門知識を活用し、この度新たに BitMana を設計しました。

【ウィンマジックについて】
ウィンマジックは、データセキュリティビジネス分野で最大手の企業の 1 つであり、90 ヵ国以上 800 万のエンドポイントを暗号化しています。包括的な暗号化および統合型のインテリジェント鍵管理ソリューションは多くの実績を持ち、高度な脅威とデータロスに対する最高クラスのプロテクション機能を提供します。ウィンマジックのデータセントリックなセキュリティアプローチと WinMagic SecureDoc 製品により、エンドポイント、物理または仮想データセンター、クラウド IaaS 環境のデータを確実に保護できます。

詳細については、www.winmagic.com/jp にアクセスするか、03-5403-6950 にお電話ください。

本プレスリリースに関するお問合わせ先:
ウィンマジック・ジャパン株式会社
〒105-0022 東京都港区海岸 1-2-3
汐留芝離宮ビルディング 21 階
http://www.winmagic.com/jp

(製品情報に関するお問合わせ先)
Email: sales.jp@winmagic.com
Tel: 03-5403-6950
(取材のお申込先)
Tel: 03-3537-1108
Email: winmagic@mlrev.co.jp