SecureDoc Logo on top

物理サーバ

物理サーバ – 物理サーバセキュリティの概要

 

多くの企業が、サーバ保護における物理的なセキュリティリスクを見落としています。一般的に、サーバは厳重なロックが掛けられているデータセンター内にあり、データは永続的に使用されているため、ドライブ暗号化は「あればそれに越した事はない」という認識になっています。2019 年 12 月に発生した事案のニュースを読むと、その推測は誤っており、最終的に多額のコストがかかる理由がわかります。

保存中、使用中、移動中のすべてのデータを保護するline break

実際、ほぼすべてのドライブは最終的に修理や廃棄のためにデータセンターから離れることになります。これこそが、暗号化が必要となる理由です。特にEU GDPR(一般データ保護規則)対応やカリフォルニア州のデータプライバシー法など、データプライバシーが厳格化している中で、企業がサーバの暗号化を怠ることは許容されないリスクになっています。

結局、本当に安全と言える唯一のデータ保護は、本社、支社、データセンター、または共同施設のすべてのサーバを暗号化することです。

 

Physical Servers

すべてのサーバ環境を完全に暗号化、保護、管理するline break

WinMagic SecureDoc for Servers および WinMagic SecureDoc OSA for Servers(Operating System Agnostic)を使用すると、データのセキュリティを完全に管理できます。管理チームは、すべてのプラットフォームのポリシー、パスワードルール、暗号化など、一元的なエンタープライズ管理サーバですべてのセキュリティ関連の操作を表示および管理できます。

ウィンマジックは、サーバには従来型のワークステーションとは異なるニーズと課題があることを理解しています。その差異を念頭に WinMagic SecureDoc for Servers を最適化し、RAID アレイ、ディスクおよびポートアクセスコントロール、リモート管理などの課題を解決しています。

  • サーバ向けに最適化
  • TCG Enterprise 準拠ドライブをサポート
  • プリブートネットワーク認証
  • FIPS 140-2、AES 適合
  • 集中リモート管理
  • RAID サポート
  • 業界標準テクノロジとの簡単な統合


Windows ベースサーバの保護
line break

ビジネスで使用される Windows ベースのデスクトップとラップトップのデータ保護に妥協は許されませんがサーバも同様です。WinMagic SecureDoc for Servers はサーバ上の機密情報を用意に保護するソリューションです。さらに仮想化を導入している企業は、Windows ワークロードを暗号化でき、貴重な業務時間と IT 予算を節約できます。WinMagic SecureDoc CloudVM は、Winndows と Linux の両方に対してオンラインコンバージョンを提供する業界唯一のソリューションです。

 

その他の資料

Read the blog – Do physical servers really need to be encrypted?
Read the press release – WinMagic Validates Need for Perpetual Server Encryption