ウィンマジックの SecureDoc CloudVM、2016 Computing Security Awards の Best Encryption Solution of the Year および New Product of the Year を受賞

2016 年 10 月 31 日(月)東京発―ディスク暗号化ソフトウェアの先進企業、WinMagic Inc. の日本法人であるウィンマジック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:石山 勉、以下ウィンマジック)は本日、SecureDoc CloudVM ソリューションが Computing Security Awards 2016 において New Product of the Year 2016 と Best Encryption Solution of the year 2016 を受賞したことを発表しました。企業は SecureDoc CloudVM を利用して、暗号化鍵を管理し、さまざまなクラウド環境に柔軟に対応できる単一のプラットフォームで、パブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウド全体でスマートな暗号化を実現できます。

ウィンマジックの COO、Mark Hickman は、「競合他社と厳しい競争を繰り広げている中で、これらのアワードを獲得できたことを嬉しく思っています。今回の受賞は、SecureDoc CloudVM が、データの管理とセキュリティを危殆化することなく、クラウドテクノロジー、仮想マシン、モバイルデバイスを最大に活用するという IT 部門が直面している最も厳しい課題の 1 つを解決する最も包括的なソリューションであることの証しとなりました」と述べています。

SecureDoc プラットフォームは、エンドポイント、ファイルサーバー、仮想マシン、IaaS ワークロード、さらに IoT(モノのインターネット)インスタンス全体で暗号化を管理する一元的なプラットフォームを企業にもたらします。SecureDoc CloudVM の機能が強化され、EFSS(Enterprise File Sync and Share)や他のクラウドの仮想環境に一貫性がありハイパフォーマンスなクラウド暗号化を提供できます。SecureDoc CloudVM のアプリケーションアウェアのインテリジェントな鍵管理機能は、仮想化されたワークロードに対する独自の鍵管理およびポリシー管理により、複数の暗号化レイヤの保護および関連鍵や証明書の管理に関わる問題を軽減します。さらに、SecureDoc CloudVM の強力なポリシーエンジンは、インテリジェントなアプローチによって、クラウドオートメーションのあらゆる要件に対応します。

【ウィンマジックについて】
ウィンマジックは、あらゆる暗号化に対応するインテリジェントな鍵管理機能を備え、堅牢で管理も容易な使いやすいデータセキュリティソリューションを提供しています。ウィンマジックの SecureDoc は、保存場所を問わずデータの安全を確保し、あらゆるオペレーティングシステムにわたり、エンタープライズグレードのデータ暗号化およびアプリケーションアウェアのインテリジェントな鍵管理ポリシーを提供します。SecureDoc はワールドワイドで多くの企業や政府系機関に採用されており、ビジネスリスクの低減、プライバシーおよび規制コンプライアンス要件への準拠、また不正アクセスからの貴重な情報資産の保護を実現しています。

ウィンマジックもしくは SecureDoc製品に関する詳しい情報は、Web サイト www.winmagic.com/jp をご覧いただくか、お電話(03-5403-4642)、または E メール(sales.jp@winmagic.com)にてお問い合わせください。

本プレスリリースに関するお問合わせ先:
ウィンマジック・ジャパン株式会社
〒105-0022 東京都港区海岸 1-2-3
汐留芝離宮ビルディング 21 階
http://www.winmagic.com/jp

(製品情報に関するお問合わせ先)
Email: sales.jp@winmagic.com
Tel: 03-5403-6950
(取材のお申込先)
Tel: 03-3537-1108
Email: winmagic@mlrev.co.jp