官公庁

SecureDoc

政府機関にとって、保存されているデータの暗号化は、組織で取り扱う市民の個人を識別できる情報(PII)を保護するために整備されていなければならない情報セキュリティアーキテクチャにおいて大変重要な役割を担っています。また政府機関では、このような機微なデータの取り扱いに対して厳しい監視が行われており、機関内のデータセキュリティへの取り組みにおいては、テクノロジーや手段、基準のすべての面で厳格なアプローチを維持しなければなりません。
SecureDoc は、官公庁での導入に対応可能な信頼性の高い暗号化機能をはじめとする総合データセキュリティソリューションを提供し、ユーザが意識することなく組織全体で知的財産や PII を確実に保護することができます。SecureDoc は、政府機関の要件を満たす FIPS 140-2 認証を取得している優れたセキュリティソリューションです。
—  フォローする  —