クラウドベースのセキュリティの強化

SecureDoc

多数のモバイルデバイスが企業で使用されるようになり、クラウドコンピューティングの利用が拡大しつつある現在、一貫性のあるセキュリティポリシー、パスワードルール、および専門のデータ暗号化手法の必要性はかつてないほど高まっています。つまり、今日のデータのユビキタス化によって、あらゆる場所でデータの安全性を保証することがミッションクリティカルになっているのです。
クラウドのデータセキュリティは、ニーズが特に高まっている重要領域です。クラウドサービスプロバイダはサードパーティベンダーであることから、企業は自社データの保護を制御しにくくなります。偶発的な侵害や意図的な侵害は、いつでも起こる可能性があります。IT 管理者は、セキュリティ侵害のインシデントに対応するだけでは、もはや許容されません。先手を打って行動し、環境の変化に対応する必要があります。

Winmagic Data Security Keys Management

クラウドでもデータの安全性を確保

多数のモバイルデバイスが企業で使用されるようになり、クラウドコンピューティングの利用が拡大しつつある現在、一貫性のあるセキュリティポリシー、パスワードルール、および専門のデータ暗号化手法の必要性はかつてないほど高まっています。つまり、今日のデータのユビキタス化によって、あらゆる場所でデータの安全性を保証することがミッションクリティカルになっているのです。

クラウドのデータセキュリティは、ニーズが特に高まっている重要領域です。クラウドサービスプロバイダはサードパーティベンダーであることから、企業は自社データの保護を制御しにくくなります。偶発的な侵害や意図的な侵害は、いつでも起こる可能性があります。IT 管理者は、セキュリティ侵害のインシデントに対応するだけでは、もはや許容されません。先手を打って行動し、環境の変化に対応する必要があります。

どのようなネットワーク規模のデバイスにも対応

組織の拡大に応じて、IT インフラストラクチャも同様に成長できることが重要です。管理デバイスの単一表示を可能とする一元管理により、SecureDoc Enterprise Serverを利用する IT 管理者はデバイスにユーザーや鍵を簡単に追加したり削除したりできます。これによってデバイスの管理が簡素化され、拡大するネットワークに追加されるデバイスへ対応することができます。

IT 効率を最大限に向上

SecureDoc Enterprise Server(SES)や SES Web コンソール では、セキュリティについての全般設定や管理対象を一元表示することができ、管理タスクを完了するのに必要な時間を短縮できます。対象がクラウドの場合、SES Web コンソールから、パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウド環境のいずれでもデータセキュリティ全体を制御・管理できるので、IT 管理者は作業に長時間を費やしたり多くの操作を実行したりせずに済みます。