SecureDoc

SecureDoc for Servers

ウインマジックの SecureDoc for Servers は、企業内のサーバに保存されているデータのシームレスな管理と保護を可能にする、強力なフルディスク暗号などのさまざまな機能を提供し、企業のビジネス基盤に対する投資を保護します。

サーバー向けハードウエアベースの暗号化 サーバー向けハードウエアベースの暗号化

サーバー向けのSecureDoc OSAにより、TCG (Trusted Computing Group)Enterprise準拠ドライブ(ハードウェアベース暗号化ドライブ)に対応しました。この規格は高いセキュリティを担保し、ディスク上のデータの暗号化のもっとも高い効率化を実現しています。

ビジネスバックボーンに最適なセキュリティ

サーバに対するニーズは従来の PC に対するニーズと異なるため、SecureDoc for Servers は、RAID アレイ、ディスクおよびポートへのアクセスコントロール、リモート管理、複数 OS のサポート、ファイル・フォルダ暗号などに対応する綿密な最適化が行なわれています。

容易でセキュアなサーバ管理

マシンの無人でのリブートが一般的な今日、ビジネスを確実に継続させるためには、セキュアな環境でサーバを安全に起動することが不可欠です。SecureDoc のプリブートネットワーク・ソリューションである PBConnex は、ネットワークベースのリソースを活用してユーザ認証やアクセスコントロールを実行できるため、リモート環境から容易でセキュアなサーバのリブートが可能になります。

データ転送を遮断する

データ漏洩は、どの企業においても現在進行形の懸案事項となっています。SecureDoc のポートコントロール機能により、管理者はサーバのポートを遮断して外部ストレージデバイスへのデータ転送を防止することができます。また、ディスクアクセスコントロール機能を利用して外部メディアへのデータの読み書きを暗号化ドライブのみに制限し、転送あるいは保存されるデータのセキュリティと整合性を確保することも可能です。

バックエンドのインフラに最適なフルディスク暗号ソリューション

企業内の部門サーバは、セキュリティ対策の施されていない環境に設置されていることも多いため、プリントサービスなど の比較的シンプルな処理のみを実行する場合であっても、常に暗号化しておくことが大変重要です。業務や顧客に関連する 機密データを管理するサーバであれば、権限のある関係者以外の目に触れることのないように厳重に保護しなければなり ません。
また、たとえサーバが企業内のもっとも安全な場所に設置されていたとしても、それだけでデータの紛失や盗難のリスクを 排除できるわけではありません。IT管理者がストレージ用のドライブを交換する際に取り違えてしまうような単純なミスでさ え、データの紛失を引き起こしてしまう可能性があるのです。そのようなドライブが暗号化されていない場合、保存されてい る情報は漏洩のリスクにさらされ、企業は法規制違反や訴訟、そして信用の失墜などの重大なリスクを背負うことになりか ねません。
ウインマジックのSecureDoc for Servers/SecureDoc OSA for Serversは、ソフトウェアとハードウェア両方を使用した強力 なフルディスク暗号をはじめとするさまざまな機能を提供します。SecureDocは、企業内のサーバに保存されているデータ のシームレスな管理と保護を実現し、企業のインフラに対する投資を安全に保護します。

部門サーバに理想的なソリューション

TCG Enterprise準拠ドライブをサポート

プリブート認証機能を提供する唯一のフル ディスク暗号ソリューション

認定規格: FIPS 140-2、AES認定

SecureDoc Enterprise Serve(r SES)による 一元管理が可能

RAIDディスクのサポート*

サーバに対するニーズは従来のPCに対するニーズと異なるため、ウインマジックではRAIDアレイ、ディスクおよびポートへ のアクセス制御、そしてリモート管理などに対応するために、SecureDoc for Serversの綿密な最適化を図っています。

  • SecureDoc for Serversは、FIPS 140-2レベル1およびレベル2認証のAES 256ビット暗号化エンジンを使用してデータを強 力に暗号化するほか、業界の標準テクノロジーと容易に統合することも可能です。
  • SecureDocでは、セキュリティに関連する要素すべてをエンタープライズ管理サーバから一元管理することができ、企業 内のあらゆるプラットフォームのデバイスにおけるポリシーやパスワードルール、そして暗号化の管理を容易に実行可能 になります。

SecureDoc OSA for Servers

TCG(Trusted Computer Group)の創設以来、ウインマジックは同団体との緊密な連携を続けており、SED用のOPAL仕様を サポートしています。この領域におけるウインマジックのリーダーシップは、OPAL準拠ドライブに対する業界トップレベル のサポートや、SED管理機能と組み合わせたPBConnexの革新的な活用ソリューションである、SecureDoc OSA(Operating System Agnostic)の提供によって実証されています。
またウインマジックは、TCG Enterprise準拠ドライブに対しても同様のアプローチをとっています。企業内のサーバに対す る要求を満たすためには、TCG Enterprise準拠ドライブをサポートする、より大規模なストレージが必要になります。TCG Enterprise準拠ドライブは、もっとも安全かつ効率的な方法でディスク上のデータを暗号化する機能を備えており、企業に 最適なトップレベルのセキュリティを提供します。SecureDoc OSA for Serversによって、ウインマジックはIT管理者が抱える 困難を解決します。管理者は、プリブートネットワーク認証機能を活用して部門サーバの起動/再起動をリモートから無人で 実行可能になります。ウインマジックは、これまで暗号化サーバでは不可能だった機能を提供できる唯一の企業です。
OS

SecureDoc client for Windows:

  • SecureDoc 5.3SR5 まで - Windows XP SP3 から Windows 7 SP1 までのすべての 32/64 ビット版に対応
  • SecureDoc 6.1 から SecureDoc 6.4SR1 まで - Windows XP SP3 から Windows 8.1 までのすべての 32/64 ビット版に対応
  • SecureDoc 6.5 以降 - Windows Vista から Windows 8.1 までのすべての 32/64 ビット版に対応

SecureDoc client for Windows Server:

  • SecureDoc 5.3SR5 まで - Windows 2003 以降のすべての32/64 ビット版の Microsoft Server プラットフォームに対応(すべての Service Pack の適用が必要)
  • SecureDoc 6.1 から SecureDoc 6.4SR1 まで - Windows 2003 から Windows 2012 R2 まですべての 32/64 ビット版に対応
  • SecureDoc 6.5 以降 - Windows 2008 から Windows 2012 R2 まですべての 32/64 ビット版に対応
RAM
512 MB RAM
Hard Drive
250 MB free space available
CPU
Intel, AMD, Cyrix or compatible processor (1 GHz or better). AES-NI is supported only on some Intel CPUs.
Refer to http://ark.intel.com/MySearch.aspx?AESTech=true.
UEFI
  • 互換性のあるデバイスでのみ SecureDoc 6.1 以降より UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)をサポート サポートデバイスのリストは以下をご覧下さい:http://www.winmagic.com/device-compatibility
  • 認定されていないデバイスでは、UEFI を BIOS 互換モードで実行する必要があります
—  フォローする  —