SecureDoc

SecureDoc Enterprise Server

SecureDoc Enterprise Server(SES)は、自己暗号化ディスクドライブ(SED)の管理に対応しており、企業のお客様は SED の容易な導入展開と管理が可能になります。SED では暗号化が常に有効になっており、暗号キーも常時ドライブ内に留まっています。さらに、認証はオペレーティングシステムから独立して行なわれます。

Strategic Partnerships with Industry Leaders

FIPS 140-2
Common Criteria
CESG
 
HP
Lenovo
Landesk
 
Intel
LSI
Micron
 
Plextor
Samsung
Seagate

TCOを削減しIT管理能力を最大限に向上

ウインマジックのSecureDoc Enterprise Serve(r SES)は、企業のデータセキュリティ環境全体を一元管理可能にするソリューシ ョンで、定常的なワークフローにおいて最大限のセキュリティと透過性を確保することができます。業界最先端のフルディスク 暗号(FDE)テクノロジーと、PBConnex™をはじめとする業界初の独自テクノロジーを提供するSESによって、企業のITプロセス が効率化され、ITの総所有コストの削減が可能になります。

SESでは、FDE、リムーバブルメディア暗号、ファイル・フォルダ暗号など、企業内で利用される暗号をすべて管理することが可能 です。SESは、PC、Mac、Linuxなどの多様なプラットフォームすべてに対するポリシーやパスワードのルール、暗号の管理などの セキュリティに関係する要素を、エンタープライズサーバですべて一元管理します。また、OPAL準拠の自己暗号化ディスクドラ イブ(SED)などの業界標準テクノロジーと容易に統合できるほか、Microsoft BitLocker、Mac OS X FileVault2、iOS、Androidなど OSネイティブの暗号ソリューションの管理にも対応しています。

主な特長

  • ソフトウェアによるノート/デスクトップPCのFDEを管理可能
  • Microsoft Windows BitLockerをサポート(Windows 10、8、7、Vista)
  • Mac OS XおよびFileVault 2をサポート
  • OPAL準拠の自己暗号化ディスクドライブ(SED)の完全管理に対応
  • iOSおよびAndroidデバイス向けのモバイルデバイス管理機能(MDM)を提供
  • 標準サーバベース、あるいはWebコンソールを使用した一元管理が可能
  • 有線/無線両方のネットワークでプリブート認証機能を提供する唯一のフルディ
  • スク暗号ソリューション
  • リムーバブルメディア、個々のファイルおよびフォルダの 管理と暗号化が可能
  • FIPS 140-2認定取得

PBConnex

SecureDoc with PBConnexは、有線/無線ネットワークに おけるプリブート認証をサポートする唯一のデータ暗号 化/管理ソリューションです。PBConnexは、ネットワークベ ースのリソースを活用し、オペレーティングシステム起動前 のユーザ認証、アクセスコントロールの実行、そしてエンド ポイントデバイスの管理を可能にします。フルディスク暗号 (FDE)の管理におけるPBConnex独自のこのような革新 的アプローチによって、パスワードのリセットやデバイスの ステージングなどに要する時間とコストが最適化され、大 幅なコストの節約にもつながります。さらに、機密データを 漏洩のリスクにさらすことなく、複数のユーザが同じデバイ スを安全に共用できるようになります。

FileVault 2管理機能

ウインマジックは、お客様のIT環境において複数のハード ウェアが混在していることを認識しています。そのような環 境に対応するため、SecureDocはMac OS XのFileVault 2 暗号の管理機能も備えています。Mac OS Xネイティブの暗 号を有効活用可能にするSecureDocのFileVault 2管理機 能により、ITセキュリティの管理者は社内で利用されている Apple製ハードウェアを適切に管理できるようになります。 エンタープライズ・レベルのFileVault 2管理機能により、ア ップル製デバイスの暗号化と管理手段を選択する高い柔 軟性と、企業内で使用されているあらゆるデバイスをSES の管理コンソールから一元管理する優れた効率性を両立 させることができます。

暗号のすべてを一元管理する

SecureDocは、暗号が関係する企業内のセキュリティ をすべて管理可能な業界で唯一のソリューションで す。SecureDocは、FIPS 140-2認証のAES-NI 256ビット 暗号エンジンを使用してデータを暗号化する堅牢な ソリューションで、Microsoft Windows 8、Windows 7 、Vista、XPの各エディションに対応しています。またSES は、Windows、Mac OS X、iOS、Androidなどのオペレーテ ィングシステムが備えているネイティブ暗号ソリューショ ンを活用したいお客様向けに、そのようなOSネイティブ暗 号を管理する機能も備えています。

モバイルデバイス管理(MDM)

急速に進むスマートフォンやタブレットのビジネス利用 に対応するため、SecureDocはエンタープライズのお客 様がモバイルデバイスのステータスを総合的に確認可能 なモバイルデバイス管理機能を提供しています。これによ り、Android®およびiOS®デバイスの展開を容易に管理でき ると同時に、適切なセキュリティおよびパスワードのポリシ ーを確実に実行できるようになります。SecureDoc MDM によって、IT管理者はビジネスにおいて重要な法規制のコ ンプライアンスに必要となる「裏付け」を得ることができる と同時に、BYOD環境に対応する強力なソリューションが提 供されます。

BitLocker管理機能

SESは、Microsoftの暗号ソリューションであるBitLocker の管理に完全対応しているだけでなく、PBConnexによる プリブートネットワーク認証、多要素認証、チャレンジ/ レスポンスによるパスワードリカバリ、シングルサインオ ン、ポートコントロール、TPMの自動プロビジョニングな ど、BitLockerユーザのお客様にさらなる付加価値を提供 します。SESは、Windows OSネイティブのBitLockerを使用 する暗号化とSecureDocが備える革新的な機能を組み合 わせた最適なセキュリティの導入と管理を実現する、業界 で最も優れたソリューションです。Windows環境に最適な BitLockerの導入展開を管理できる堅牢なソリューション を必要としている企業のお客様に、唯一無二の選択肢を 提供します。

自己暗号化ディスクドライブ(SED)

自己暗号化ディスクドライブ(SED)は、企業内で利用さ れているデバイスに高い水準のセキュリティを組み込み たいとお考えのお客様に最適な標準データセキュリティ ソリューションとして、急速に普及が進んでいます。SES は、OPAL標準1および2に対応する業界で最も優れたSED 管理機能を提供します。SESの優れたSED管理機能と組み 合わせたPBConnexの革新的な活用ソリューションである SecureDoc OSA(Operating System Agnostic)により、互 換性の問題が排除され、事実上あらゆるOSでSEDを利用 できるようになります。

SecureDoc OSAは、オペレーティングシステムにソフトウェ アを一切インストールすることなくディスクドライブを暗号 化する機能をSecureDocのユーザに提供します。

OPAL準 拠のSEDを使用する場合、管理と認証はプリブート環境で 実行されるため、OS固有のインストールパッケージを作成 する必要がありません。 LinuxやUNIXの展開に理想的なソ リューションを提供するSecureDoc OSAにより、複数のオ ペレーティングシステムが混在する環境のセキュリティを 効率的に管理可能になります。

SecureDoc Enterprise Server System Requirements

Operating System
  • Any 32-bit or 64-bit Microsoft Server platform from Windows 2008 onward.
  • .NET Framework 4.0+
  • .NET 3.5
  • Microsoft Windows Identity Foundation 3.5

SES Web set-up requires the installation of Microsoft Internet Information Services 7.0 (IIS 7.0).
Windows Server 2003 does NOT support IIS 7.0.

RAM
Minimum 512 MB RAM, with 1 GB or more recommended.
Hard Drive
Minimum 4GB hard drive, with 40GB or more recommended (varies depending on number of users).
CPU
Intel Pentium (minimum)
Database Software

SES 5.x up to SES 6.4

  • 32-bit or 64-bit Microsoft SQL Server 2005 SP4, 2008, 2008 R2, 2012.
  • No-cost basic versions of SQL Server 2008 (Express Edition) or SQL Server 2012 (Express Edition) are available from Microsoft.

SES 6.4 SR1 and newer

  • 32-bit or 64-bit Microsoft SQL Server 2014, 2012 and 2008.
  • No-cost Express version of SQL server 2014, 2012 and 2008.
—  フォローする  —