SecureDoc by WinMagic

SecureDoc CloudVM

ウィンマジックの SecureDoc CloudVM は、業界でもっとも包括的な仮想マシンのフルディスク暗号とインテリジェントな鍵管理機能を提供します。このソリューションは、パブリック、プライベート、およびハイブリッドのクラウド環境で、お客様のデータを保護し、ボリュームおよびフルディスクに使用する暗号鍵は、お客様の組織によってのみ排他的に管理することができます。

SecureDoc CloudVM は、仮想サーバーや主要なパブリックおよびプライベートクラウドまでを広範にサポートすることで、統一された暗号化導入をサポートします。仮想サーバーや複数のクラウド環境に対して暗号化の一元管理機能を提供する SecureDoc CloudVM は、企業のセキュリティを強化し、暗号化のコンプライアンスを保証するとともに、管理の複雑さを低減して暗号化導入の妨げとなる課題を排除します。

ウィンマジックの SecureDoc Cloud VM は、鍵と暗号化のニーズを単一のサーバーでインテリジェントに管理する機能を持ち、データ保護に関わるセキュリティを制御可能になります。

仮想サーバーや市場で高いシュアを持つ主要なクラウドを単一のサーバーによって暗号化を実現することで、特定ベンダーの独自技術に依存せずに済み、クラウドプラットフォームによるロックインを回避することができます。同時に、管理の簡素化、柔軟性の向上、そしてセキュリティの強化が可能になります。SecureDoc CloudVM のインテリジェントな鍵管理機能は、仮想ワークロード向けに一意の鍵とポリシーの管理を提供することによって、複数の暗号化されたレイヤーの保護および関連する鍵と証明書の管理に伴う問題を緩和します。近い将来、このソリューションは、エンドポイントデバイス、ファイルサーバーのフォルダ、仮想サーバー、EFSS(企業向けファイル共有/同期)ソリューション、IoT のインスタンスを含む多数のレイヤーにわたって暗号化鍵と暗号化に必要な鍵を管理することで、組織内のデータセキュリティを強化できるようになります。

業界をリードするエージェントによる比類ない変換時間と使いやすい導入展開管理

SecureDoc CloudVM を使用する管理者は、Web コンソールで、プロファイルやインストールの為のパッケージを作成できます。Web コンソールを使うことで、複数のヘルプデスク管理者は、Windows コンソールアプリケーションをインストールせずに Web からアクセスできます。さらに、クラウドへの導入展開方法は常に SecureDoc Enterprise Server(SES)によるプリブート認証を実行することで、プライベート、パブリック、およびハイブリッドのクラウド環境でより高いレベルでのセキュリティとコンプライアンスを達成できます。

 

SecureDoc プリブート機能による SecureDoc CloudVM でのクラウド制御、管理者データアクセス

SecureDoc CloudVM は、セキュアなプリブート認証ソリューションを必要とするお客様に最大限の柔軟性を提供します。SecureDoc Enterprise Server(SES)による認証は、期待される設置場所とデバイスからのみシステムの起動前に行われます。SecureDoc Enterprise Server(SES)のサーバーポリシーエンジンにより認証プロセスは完全に自動化され、これによってアンロックされたリソースにアクセスできるようになります。

 

コンプライアンスと監査のレポート機能

SecureDoc CloudVM では、わかりやすいダッシュボードからの簡単な操作で必要なレポートが提供されます。ダッシュボードでは、バーチャルマシンが確実に暗号化されていることを容易に確認可能です。SecureDoc CloudVM のレポート機能は、監査やコンプライアンスの審査において大いに役立ちます。

クラウド市場の大半は、パブリックとプライベートのいずれの環境も一部のベンダーグループによって占められています。WinMagic の SecureDoc CloudVM は次のクラウド環境をサポートし、グローバル市場の大部分に対応します。

リモート管理

仮想マシンのセキュリティを推測する必要はもうありません。クラウドプロバイダーに関係なく仮想マシンインスタンスをすべて表示する一元的なビューで、仮想マシンが暗号化されているかどうかを即座に確認できます。

リモート管理サーバーからの仮想マシンの認証

SecureDoc CloudVM では、管理者が定義する組織のサーバーポリシーに基づいて、サーバーのブート(またはブートしないこと)が可能です。暗号化された仮想マシンのプリブートでは、リモートの鍵管理サーバーへの照合により認証が行われた上で、起動が許可されます。

クラウド環境全体での永続的な暗号化

SecureDoc CloudVM は、規模にかかわらずクラウドのすべてのシナリオ(自動スケーリング、複製、クローン、移行、バックアップ、HA、災害復旧)をすべてサポートします。

SecureDoc CloudVM 動作要件

Platforms Server Client

Public Cloud
Amazon EC2
Microsoft Azure VM

Private Cloud
VMware vSphere
Microsoft Hyper-V (Gen1)
Citrix Xen

Hyper-Converged
Nutanix
Scale Computing

SES Server Platforms
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016

SES Server SQL Platforms
SQL 2012
SQL 2014
SQL 2016

Windows Versions
Windows Server 2016
Windows Server 2012R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008R2
Windows Server 2008

Linux Versions
Ubuntu 14.04.3 Kernel 3.19
Ubuntu 16.04.1 Kernel 4.4.0-64+
RHEL 7.2 Kernel 3.10
RHEL 7.3 Kernel 3.10
RHEL 7.4 Kernel 3.10
CentOS 7.2 Kernel 3.10
CentOS 7.3 Kernel 3.10