データセキュリティ管理のコストを削減

SecureDoc

今日のビジネス環境においては、各部門がリソースの効率的使用に責任を負っています。テクノロジーの急速な拡大により、IT が組織の損益を大きく左右する可能性もあります。データセキュリティは業績に大きな影響を及ぼすこともあるため、その影響について経営幹部が理解することが重要です。
注目を集めるデータ侵害事件が増え、政府や取引先は強固なデータ保護手法を要求するようになり、そのために IT 部門には大きな負荷がかかっています。現実には、暗号化の導入によって、新しい規制に準拠するのは難しいことではありません。困難と大きなコストが伴うのは、暗号鍵とポリシーの管理、つまり承認されたユーザーに適切な暗号鍵を提供し、鍵のライフサイクルを適切に管理することです。
クラウドコンピューティングと BYOD の環境への移行が進むにつれて、適切なツールを使用しなければデータセキュリティの管理コストが急激に増加する可能性があります。これは、分散型の管理システムを使用している限り、組織全体でのデータセキュリティポリシー、パスワードルール、およびユーザー承認の更新が困難であり、よりコストがかかるためです。また、企業の成長に伴って、この問題もさらに深刻化します。

Winmagic Data Security Keys Management

ウィンマジックが提供する機能

SecureDoc Enterprise Server(SES)のように暗号化対象を一元可能なサーバーコンソールにより、信頼できる方法でコストを抑制し、IT インフラストラクチャを拡張できます。デバイスやデータを 1 か所で管理することで、データセキュリティの状態を常に簡単に把握できます。さらに一元管理により、ユーザーアクセス、パスワードルール、暗号鍵の配布を管理セキュリティポリシーによって、一貫性が保たれるので、コストを大きく削減するとともに有人作業に伴う複雑性を軽減できます。

SES の一元管理をサポートするユーザーインタフェースによって、システムの維持管理が容易になります。したがって、タスクを完了するために必要な手動操作を減らすことが可能な簡素なインタフェースを使用して、ネットワーク上のすべてのデバイスにおけるデータセキュリティを管理できます。これにより、システムの管理に関連するリソースを解放して人的コストを削減できます。

さらに、ネットワークをデバイスの認証に使用するプリブートネットワーク認証(PBConnex)を使うと、認証情報をローカルデバイスに持たせず、SES のデータベースにあるユーザー情報を、クライアントデバイス起動の認証に使用させることができます。PBConnex 特有のこのような革新的アプローチによって、ユーザー管理を合理化でき、大幅なコスト削減を実現します。

シンプルな管理ツールによるダウンタイムの短縮

SecureDoc Enterprise Server(SES)を使うことによって、ポリシー設定、パスワードルール、およびユーザー管理を含め、シンプルな単一のコンソールで、これまでにないレベルの管理・制御を実現できます。

一元管理によって、ユーザーが社外でパスワードを忘れたり、トークンを紛失したり損傷した場合などのリクエストに対しても、簡単にユーザーをサポートできます。社内でデバイスを利用するユーザー向けに Active Directory の認証を使う場合は、Active Directory 管理者がユーザーの新しいパスワードを設定するだけで、ユーザーはそのパスワードを使用して自分のデバイスにすぐにログインできます。他の形態によるアクセスリカバリの要求では、平均して管理者がタスクを完了するのに最大 15 分かかるため、 これらのタスクのプロセスを簡素化することで作業時間を大きく削減できます。

規制コンプライアンスを簡素化

SecureDoc Enterprise Server (SES)を使用する一元的なデータセキュリティ管理は、プライバシー規制等、コンプライアンスを迅速に証明する上でも役立ちます。SES の中核的要素でもある一元管理により、1 つのコンソールにアクセスするだけでコンプライアンスを証明できるので、アドオン製品を使用したり、他のツールへのデータのエクスポートが必要になったりすることがありません。結果として、簡素な管理が可能となり、もちろん管理コストも削減できます

SES のレポート機能により、組織全体におけるコンプライアンスについて最新の状態を簡単に把握できるのと同時に、コンプライアンスに不備のある場所を特定できます。

SecureDoc Enterprise Server

SecureDoc Enterprise Server

エンタープライズに理想的なセキュリティ、アクセス、コントロール機能を提供。プラットフォームを問わず、すべてのデバイスのセキュリティを 1 つのコンソールで一元管理可能になります。

SecureDoc for Servers

SecureDoc for Servers

バックエンドシステムのセキュリティを担当する管理者に理想的な強力なデータセキュリティと容易な管理機能を提供します。

 
SecureDoc CloudSync

SecureDoc CloudVM

Volume and full disk encryption solution for your virtualized and cloud workloads.

SecureDoc CloudSync

SecureDoc CloudSync

デバイスの違いを超越した最先端のデータセキュリティのさらなる進化にご期待ください。

SecureDoc スタンドアロン版

SecureDoc スタンドアロン版

妥協のない強力なデータセキュリティを求める個人ユーザのデスクトップ/ノート PC 環境で、機微なデータを確実に保護します。

SecureDoc for Filevault 2

SecureDoc for Filevault 2

SESは、アップルの OS X FileVault 2 セキュリティの管理とコントロール、および iOS デバイスのセキュリティの管理が可能で、アップル製品を利用しているユーザのニーズに応えることができます

 
SecureDoc for Lenovo

SecureDoc for Lenovo

SecureDoc for Lenovo は、ご利用中のレノボ製品向けにトップレベルのデータセキュリティを導入したいとお考えのお客様に理想的な総合フルディスク暗号(FDE)ソリューションです。

SecureDoc for HP

SecureDoc for HP

SecureDoc for HP の一元管理機能により、セキュリティ管理業務の効率が向上するとともにエンドユーザ・エクスペリエンスも改善され、IT の総所有コストの削減に繋がります。