ホワイトペーパー

Learn more about protecting your organization from data security threats across the enterprise with WinMagic’s white papers.

仮想サーバの暗号化と管理 サーバ統合に伴う新たな課題とそのセキュリティソリューション

 

多くの企業がプライベートまたはパブリックの形で仮想技術を使って自社内のサーバを統合していくことを視野に入れているという意識調査の結果が公表されています。利便性が高くコスト削減も可能になるなど、仮想技術を導入する事でのメリットが多いのにもかかわらず、なぜ「今すぐ」ではなく「10年後」という意見が大半なのか。本ホワイトペーパーは、仮想サーバへの移行を妨げている情報漏えいなどのセキュリティ課題とその課題を解決するソリューション(SecureDoc CloudVM)について詳細にご紹介します。


クラウド型ディスク暗号管理サービス

 

ディスク暗号はスタンドアロンで管理するか、自社内のサーバーを使って管理するのが従来の運用方法でした。クライアントPCの盗難・紛失対策に最適のディスク暗号化技術ですが、運用開始後に課題、リスク、運用コストに気付くケースも少なくありません。 本ホワイトペーパーは、実際にディスク暗号を利用している企業で発生した、ディスク暗号の運用にかかわる課題とリスクを紹介し、ディスク暗号の新しい運用方法である「クラウド型管理サービス」がどのようにこれらの課題を解決するのか検証します。ソフトウェア費用や保守費用込みで700円/月(税別)という料金で、どこまでのセキュリティが実現されるのかもご紹介します。


タイトル:企業環境におけるMicrosoft BitLocker管理について

 

多くの企業が自社のデバイス内に存在するデータを保護するために、Microsoft BitLockerなどのOSネイティブな暗号化ソリューションの検討を始めています。しかし、その多くは、特に複数のデバイスとオペレーティングシステムが存在するIT環境において、BitLockerで暗号化された機器を管理するには様々な困難を伴うことに気が付いています。このホワイトペーパーは企業体においてBitLockerで暗号化された機器を効率的に管理し、最高のセキュリティレベルを維持するために考慮すべき点、ベストプラクティスを提供します。


Ponemon Study (JP) - Phase 1

 

Ponemon Instituteの会長兼創設者であり、世界的に著名なLarry Ponemon博士は、今回データ暗号化の本当のコストについて革新的な研究調査を実施し、レポートを発表しています。 「Cost of a Data Breach in 2012(2012年におけるデータ漏洩のコスト)」および「Billion Dollar Lost Laptop Study(10億ドルにおよぶ紛失したノートPCに関する調査)」の著者でもある博士は、今回、世界中の企業や組織で使用されているデバイスをデータ暗号化によって保護すると同時に、ITの総所有コストを削減するためにはどうすれば良いかという課題に目を向けています。 このような研究調査が実施されたのは今回が初めてのことであり、その結果は必見です。


ハードウェア暗号ドライブの活用方法

 

強力な情報セキュリティ戦略を可能に する最新のハードディスク・テクノロジー: 企業における自己暗号ドライブの管理


—  TEILEN  —